眼瞼下垂を解消して印象を良くする~目元でイメチェン大成功~

肌の深部のシミを消すため

スキンケア

新たな蓄積を防ぐ薬

シミは多くの場合は、紫外線によって肌表面でメラニン色素が作られることでできます。そのメラニン色素が肌細胞に沈着し、蓄積することでシミとなるのです。しかし中には、体内でメラニン色素が作られ続けることが原因となっているシミもあります。このシミを肝斑というのですが、肝斑は肌の深い部分にできます。したがって基礎化粧品による肌表面のみのケアでは消すことが難しく、解消するには体内からのアプローチが必要となります。そのため美容整形外科では、薬による治療がおこなわれています。具体的には、体内でのメラニン色素の生成を防ぐ作用がある、トラネキサム酸という薬の処方がおこなわれているのです。それを飲むことで、新しいメラニン色素の蓄積が防がれれば、肝斑は自然に薄くなっていきます。

再生するまでの期間を短縮

なぜ肝斑が自然に薄くなっていくのかというと、メラニン色素はターンオーバーによって自然に排出されていくからです。そのため治療によって、メラニン色素が肌に追加されることを防いでいれば、肝斑はやがては消えていくことになるのです。しかし消えるまでには、数ヶ月や数年といった長い期間がかかることが多いです。そのため美容整形外科では、その期間を短縮するための治療もおこなわれています。具体的には、レーザートーニングという、肌の深部に熱を届けることでターンオーバーを促す治療です。ターンオーバーとは、古い細胞の排除による肌の再生のことですから、それがおこなわれればおこなわれるほどメラニン色素は減り、肌は白く美しい状態になっていくのです。